リフォーム会社と買取再販会社のジョイントベンチャー

[embed]https://youtu.be/sf52B3jVbpM[/embed] リフォーム会社さんの為の買取再販リノベーション戦略は、リフォーム会社さん自らが中古物件(マンションの区分所有が望ましい。)を購入します。 そして、リノベーションを施し、購入した物件を再販して差益を得ます。 ここまでは一般的な買取再販と同じですが、違いは、リノベーションを施した物件を公開し、近隣住人を集客してリノベーションやリフォームを受注する戦略です。...

宅建免許が有る場合と無い場合のリフォーム事業戦略

  [embed]https://youtu.be/hROMxhthYm4[/embed] こういったご質問を頂きました。 「不動産仲介業を取り入れてリフォーム事業を拡大したいと考えております。今後、宅建免許は取得する予定ですが、現在はありません。やはり、事業を展開するには宅建免許取得後でしょうか?」(一部割愛) 既にご存じの通り、不動産仲介業を取り入れる以上、宅建免許や宅建業者登録は必要です。 従って、取得前に不動産仲介業を取り入れる事はできません。...

リフォーム会社の買取再販リノベーション戦略リフォーム再販戦略

  [embed]https://youtu.be/J39eOzuVXL0[/embed] 買取再販リノベーションとは、中古不動産を購入(買取)してリノベーションを施し、再度、その物件を販売(再販)して差益を得るビジネスモデルです。 ただ、あなた(リフォーム会社)が普通に買取再販リノベーション事業をやっても、なかなか不動産会社には勝てません。 なぜなら、相手は不動産のプロだからです。 やはり、仕入れる物件が決め手になる為、なかなか新参者に良い物件情報は回ってきません。...

リフォーム会社が買取再販に参入する際に狙うべき構造

  [embed]https://youtu.be/35pDlbB0PW0[/embed] リフォーム会社が買取再販に参入する場合、近隣住人からリノベーション工事を受注する事が最大の目的です。 従って、なるべく棟数や戸数の多いマンション(区分所有)をターゲットにする必要があります。 そして、近隣住人からリノベーション工事を受注する為には、近隣住人が抱える問題を解決した間取りや仕様にする必要があります。 また、現在の部屋がこんな間取りに変えられるんだ!と思わせる事も重要です。...

買取再販リノベーションの難関と対応策

  [embed]https://youtu.be/oR8vrh-2pro[/embed] 一般的な不動産系出身の買取再販の場合、中古物件を購入し、改装を施して再販します。 私の別の動画でも申し上げているように、リフォーム会社がリノベーション再販事業に参入する場合、仕入れの部分で不動産系出身の会社に勝てません。 これが長年やっていれば、ルートも出来てくるので徐々に楽になりますが、それでも競争は激しいです。 従って、再販物件の差益で勝負するのではなく、いかに近隣からリノベーション工事を受注するかが鍵、と言ってます。...

買取再販リノベを金主とジョイントベンチャー

  [embed]https://youtu.be/PqoLMr2ytz8[/embed] 不動産系の買取再販会社が金主とジョイントベンチャーをする事はあります。 ただ、皆様(リノベ会社・リフォーム会社)が同様に金主と組むのは、上手くいなかい可能性が大です。 様々なパターンがありますが、不動産系の買取再販業者と金主が組む場合、物件単発で利益を出す事ができるからです。 そうでなければ、金主は話に乗りません。...

宅建免許が有る場合と無い場合のリフォーム事業戦略

  [embed]https://youtu.be/hROMxhthYm4[/embed] こういったご質問を頂きました。 「不動産仲介業を取り入れてリフォーム事業を拡大したいと考えております。今後、宅建免許は取得する予定ですが、現在はありません。やはり、事業を展開するには宅建免許取得後でしょうか?」(一部割愛) 既にご存じの通り、不動産仲介業を取り入れる以上、宅建免許や宅建業者登録は必要です。 従って、取得前に不動産仲介業を取り入れる事はできません。...

リフォーム会社の買取再販リノベーション戦略リフォーム再販戦略

  [embed]https://youtu.be/J39eOzuVXL0[/embed] 買取再販リノベーションとは、中古不動産を購入(買取)してリノベーションを施し、再度、その物件を販売(再販)して差益を得るビジネスモデルです。 ただ、あなた(リフォーム会社)が普通に買取再販リノベーション事業をやっても、なかなか不動産会社には勝てません。 なぜなら、相手は不動産のプロだからです。 やはり、仕入れる物件が決め手になる為、なかなか新参者に良い物件情報は回ってきません。...

リフォーム会社が中古不動産を買ってリノベーションしたい顧客を集客する為に不動産仲介業を取り入れるポイント

  [embed]https://youtu.be/ql5Xsn8LUaM[/embed] 中古不動産を買ってリフォームやリノベーションをされるお客様を集客して受注する際、不動産仲介業を取り入れる以上、宅建業者でなければなりません。 従って、宅建業の登録をされる、または、既にされている事を前提にお話したいと思います。 先ず、仲介といっても、売り物件にお客様を付けるので、客付仲介(購入客を探す方に注力)です。...

不動産仲介会社からリフォーム客を紹介してもらう具体的な方法

  [embed]https://youtu.be/UfYru3-UaPU[/embed] どんなビジネスでもそうですが、抽象論で言えば、相手のお役に立つ事です。 細かく話すと1時間以上になりますので、要点だけお伝えします。 具体的には、こんな感じです。 1.チラシ巻きのお手伝い :広告費が費やせない場合、彼らは自らの手でポスティングします。そのお手伝いです。 2.見学会やオープンハウス物件の見積り作成...

所有権移転が絡むマンションリフォームは注意が必要

  [embed]https://youtu.be/VDqfCFqXAfU[/embed] マンションリフォームと一言で言っても、お客様が住みながら出来る小規模な在宅リフォームや、空き家にしないと出来ない規模の工事があります。 また、空き家リフォームといっても、既に不動産を所有している方の工事もあれば、今度、購入する家を引越までに工事を終えるリフォームもあります。 今日は、中古仲介+リフォームで最も多い、購入した家を引越までに終えるマンションリフォームの注意点について、お話したいと思います。...

不動産仲介会社とジョイントベンチャーしたい?だったらここを抑えよう

  [embed]https://youtu.be/H-DyLrLkMyg[/embed] あなた(リフォーム会社)が不動産仲介会社にジョイントベンチャーを持ちかける場合、相手にメリットが無ければ成立しません。 しかし、相手のビジネスを理解していなければ、メリットを見つける事も出来ません。 従って、先ずは、相手のビジネスを理解する必要があります。 彼らの流れは、大まかにはこんな感じです。 集客⇒反響⇒案内⇒契約⇒金商⇒決済⇒引渡後 では、ここで、あなたが相手にメリットをもたらす事が出来るのは、どのタイミングでしょうか。...

リフォーム会社の営業マンに打合せ議事録を定着させるには

とあるリフォーム会社の営業ミーティングに参加した際に、一部の社員さんから、「打合せ議事録なんて必要ですか?」といった、驚きの発言がありました。 勿論、「面倒だけど必要。」と回答した社員さんもいれば、「絶対に必要でしょ。」と回答された社員さんもいました。 そこで、打合せ議事録は「不要だと思う。」と答えた社員さん達には、ある共通点がありました。 それは、月額の粗利額が100万円前後や、その額に満たない方達でした。つまり、言い方は悪いですが、丸いお客さんや低価格帯しか受注できない社員さんです。...

リフォーム事業の管理職を強化させる為に必要なアイテムとは

  [embed]https://youtu.be/AEAjh2oaRWM[/embed] この仕事(コーチ・コンサル)をしていると、社長さんや取締役の方から、「いや~管理職が育たなくて困ってます~」といったご相談を受ける事が多々あります。 勿論、経営者さんが仰る、管理職が育たない内容は様々です。 その中でも、今日は、部・課・店などの責任者の方を強化する上で、最低限必要なアイテムについてお話したいと思います。 それはズバリ、月次損益表や残高試算表等といった資料です。...

リフォーム事業は営業マンが偉いの?施工管理が偉いの?

[embed]https://youtu.be/JHS61lFQB48[/embed] 営業マンは契約を取り、工事は自社の施工部隊が管理するような営工分離体制の場合にあります。 例えば、営業マンは、「俺たちが仕事を取って来るから施工管理に仕事がある。」と言い、その逆は、「お前らの取ってくる金額が低いのをカバーしてやってるのは俺たちだ。」等といった言い合いです。...

リフォーム会社の経営者さん、社員さんの受注率を改善する仕組み

[embed]https://www.youtube.com/embed/mnAgbRU4GiQ[/embed] とあるリフォーム会社の社員さんで、以前、こういった方がおられました。 「自分は、受注できるお客様は受注できるのですが、受注できないお客様は受注できないんです。」と、言われた事があります。 その時に私は、「そっ、そっ、そりゃそうですよね・・・」って、返答しました(笑) そうしたら、「いやいや、ハマるお客様にはハマるのですが、ハマらないお客様には全くハマらないんです。」と、言い返されてしまいした。...

リフォーム業で高粗利受注は悪い事だと思っている社員さんを改善する方法

  [embed]https://youtu.be/byBk3-FZnFE[/embed] 大小様々な案件に対応する住宅リフォームの場合、予め最低粗利率を設定していても、請けるだけで赤字になるケースもあります。 従って、小規模工事は対応しない方針のリフォーム会社さんもありますが、今後のお付き合いも考慮して対応される企業等、様々です。 後者の経営者からしてみれば、請けるだけで赤字の現場もあるのだから、取れる時は粗利を取っておきたい、と思うのは当然です。...

リフォームのポータルサイト反響でお客様からの返信率を上げる方法

  [embed]https://youtu.be/q9MxUuvtURU[/embed] 当然、文章の書き方は重要です。 あまり改行もせず、文字がワーッとあったら、オウェーッってなる方もおられます。 従って、相手が見る画面の事も考えて、読みやすいように改行やスペースを用いる事は大切です。 ただ、文字だけで相手の不安をかき消すには、かなり難易度が高いです。 よって、文章の内容や書き方だけに意識を向けるのではなく、いかに相手の不安をかき消すかに注力するべきです。...

リフォーム会社が集客ブログを外注化するポイント

[embed]https://youtu.be/YoIjR8RsdEo[/embed] リフォーム会社さんやリノベーション事業のコーチ・コンサルをしていると、営業コーチや戦略コンサルに加えて、WEB関連の相談を受ける事も多々あります。 中でも今日は、集客ブログを外注化するポイントについてお話させて頂こうと思います。 多くのリフォーム会社の経営者さんは、なるべく今いる人員で集客に結びつけたいと考えます。 従って、社員さんに交代でブログを更新させているリフォーム会社さんも少なくありません。...

リフォーム会社と買取再販会社のジョイントベンチャー

[embed]https://youtu.be/sf52B3jVbpM[/embed] リフォーム会社さんの為の買取再販リノベーション戦略は、リフォーム会社さん自らが中古物件(マンションの区分所有が望ましい。)を購入します。 そして、リノベーションを施し、購入した物件を再販して差益を得ます。 ここまでは一般的な買取再販と同じですが、違いは、リノベーションを施した物件を公開し、近隣住人を集客してリノベーションやリフォームを受注する戦略です。...

リフォーム会社・リフォーム事業のブログ戦略

[embed]https://youtu.be/rpzaaWDuth4[/embed] とあるリフォーム会社の社員さんが、「ワァーッ!ブログ当番だ~。何を書けば・・・」と、頭を抱えていました。 私が、「内部SEO対策の一環として、集客ブログを担当制にしているんですか?」と尋ねると、「何ですかそれ?」と返され、内容を見ると芸能人みたいなブログでした。 つまり、起きた出来事や行った飲食店の内容といったような、単なる日記でした。...

リフォーム集客の電話営業代行シュミレーションと採算

[embed]https://www.youtube.com/embed/nq3DkLE3xqc[/embed] リフォーム会社さんが新規顧客を集客する上で、本当にあの手この手と試行錯誤されておられます。 WEBといっても、SEOもあれば、PPCやリスティング広告・ブログ・フェイスブック・YouTube、そして、ポータルサイトといったように、様々です。 また、紙媒体でも、ポスティング・折込み・DM等も同様です。 そして、手法や成果も、地域性や客層に応じて様々です。...

価格勝負をしない為のリフォーム戦略とは

[embed]https://youtu.be/w_pDYRN0ohM[/embed] 迅速な対応をして綺麗に施工をする自信があるのに、何故、価格だけで判断されてしまうのか? と、思われてる経営者さんも多いと思います。同感です。 良い職人さんや施工店などの日当や発注額は、力量に応じて違うものです。 同様に会社員でも、入社3年未満の社員と10年目とでは、力量や給料も違います(たまに、そうでもない人も居ますが・・・笑)。 このように、ある程度は比例します。 ところが、お客さんが比較するのは金額です。...

リフォーム反響がポータルサイトに移行して困っている営業マンとは

  [embed]https://youtu.be/j63rp7AKi2k[/embed] 結論から申しますと、文章力です。 紙媒体からの反響は電話問合せが大半なので、コミュニケーション能力というか会話力が勝っている営業マンが有利でした。 勿論、お客様に会うところまで行けば、それは重要です。 しかし、ポータルサイトや自社のWEBサイトからの問合せの場合、メールでの問合せが多いです。 従って、現調まで持って行けるか否かは、メールでのやり取りは鍵になります。...