買取再販リノベを不動産会社とジョイントベンチャー

  [embed]https://youtu.be/BSFAQLheetg[/embed] 自社(リノベ会社・リフォーム会社)だけで、物件の買取資金から改装費を賄えない場合です。 但し、当然ですが、皆様から持ちかける場合、相手(不動産系の買取再販業者)にメリットが無ければ成立しません。 細かい条件は別にして、こういった条件なら可能でしょう。 先方が現在、どこかの工務店に改装を依頼しているとします。 その工務店も利益が必要なので、20%~25%の粗利率を確保します。 仮に、利益が乗った状態の出値が400万円だとします。...

意外に部分リフォームも多いんですよ

  [embed]https://youtu.be/GXCKyZig4ZM[/embed] 買取再販リノベーションは、近隣住人からリノベ工事を受注する事が最大の目的です。 とはいえ、再販モデル物件を見学に来られた近隣住人が、リノベーション希望者ばかりとは限りません。 いつも申し上げているように、ターゲットとするエリアは、棟数や戸数の多い築古マンション群です。 なので、一度や二度は改装されている方も当然おられます。 しかし、そういったお客様が見学に来られて、部分リフォームをご依頼される場合があります。...

妥協は致命傷、でも掛け過ぎも命とり

  [embed]https://youtu.be/DIgIc79vqkw[/embed] 少しの妥協という意味では、皆様のようなリノベ会社ではなく、どちらかと言えば、不動産系出身の買取再販業者の方です。 最近はお客様の眼も肥えてきているので、中途半端な改装物件では売れ辛くなってます。 かなり人気があって、なかなか物件が出てこないようなエリアなら、話は別です。 しかし、そのようなエリアばかりで物件を仕入れるのも至難の業なので、何一つ古い箇所が残っていないレベルまで改装される会社も多々あります。...

買取再販のドンブリ諸費用の出し方(%)

  [embed]https://youtu.be/uIYpJfuHlwc[/embed] どの経営者様もそうですが、どんな事でも瞬時に頭の中で概算を弾かれるじゃないですか。 今日は、それの買取再販バージョンです。 「入りの7%、出の4%」です。 例えば、1000万円で物件を購入する際、「入りの7%」つまり、70万円の諸費用が必要という事です。 これで1070万円になります。 仮に、改装費を500万円かけたとします。 そうすると、1570万円です。...

物上仲介と客付仲介の違い

  [embed]https://youtu.be/y_Rt1vcVBkA[/embed] 買取再販を利用してリノベーション工事を受注をして頂く際に、先ずは、モデルとなる中古物件を購入しなくてはなりません。 その情報元の多くは、物上仲介会社です。 物上仲介会社とは、物件を購入するお客様を見つける事よりも、不動産を売りたいお客様を集める方に力を注ぐ会社です。 一方、客付仲介はその逆で、不動産を売りたいお客様よりも、購入したいお客様を探す事に力を注ぎます。...

買取再販リノベーションのセールスファネル

  [embed]https://youtu.be/dVfEX2kfV84[/embed] リノベ会社やリフォーム会社の経営者様の中で、意外とセールスファネルを設計されていない方が多かったので、買取再販リノベーションのセールスファネルを少し落とし込んでみました。 セールスファネルについて、既にご存じの社長さんもおられると思いますが、念のため簡単に説明しておきます。 ファネルとは、「じょうご」の事で、上から液体を流し入れる用具です。...

不動産仲介会社とジョイントベンチャーする前に相手の媒体を確認

  [embed]https://youtu.be/GwdJWeJj0dw[/embed] 不動産仲介会社とのJVについては、過去の動画で、大変な事が沢山あるので、あまりお勧めは出来ませんが、上手く対応できるなら可能、とお話したと思います。 また、ジョイントベンチャーの基本として、相手にメリットが無ければ成立しない、ともお伝えしたと思います。 今日は、検討の前に、確認しておくべき内容ついてお話したいと思います。 1.売買か賃貸か...

妥協は致命傷、でも掛け過ぎも命とり

  [embed]https://youtu.be/DIgIc79vqkw[/embed] 少しの妥協という意味では、皆様のようなリノベ会社ではなく、どちらかと言えば、不動産系出身の買取再販業者の方です。 最近はお客様の眼も肥えてきているので、中途半端な改装物件では売れ辛くなってます。 かなり人気があって、なかなか物件が出てこないようなエリアなら、話は別です。 しかし、そのようなエリアばかりで物件を仕入れるのも至難の業なので、何一つ古い箇所が残っていないレベルまで改装される会社も多々あります。...

物上仲介と客付仲介の違い

  [embed]https://youtu.be/y_Rt1vcVBkA[/embed] 買取再販を利用してリノベーション工事を受注をして頂く際に、先ずは、モデルとなる中古物件を購入しなくてはなりません。 その情報元の多くは、物上仲介会社です。 物上仲介会社とは、物件を購入するお客様を見つける事よりも、不動産を売りたいお客様を集める方に力を注ぐ会社です。 一方、客付仲介はその逆で、不動産を売りたいお客様よりも、購入したいお客様を探す事に力を注ぎます。...

再販専任返しはマナーですよ~

  [embed]https://youtu.be/U08dm7PtY1o[/embed] 不動産会社向けチャンネルの視聴者の方ならタイトルだけで分かると思いますが、このチャンネルは、リフォーム会社やリノベ会社の経営者様に向けたチャンネルの為、分かりやすく説明させて頂きます。 再販とは、買取再販の再販の事です。 つまり、買った物件を売却する時の事です。 専任とは、専属専任の事です。 専属専任は、その仲介会社以外からは買えないという事です。...

管理費や修繕積立金に注意しよう

  [embed]https://youtu.be/MG2zKZW5Ygc[/embed] いつも言ってることですが、皆様(リノベ会社)が買取再販リノベーションでターゲットとするエリアは、とにかく戸数の多いマンションエリアです。 従って、戸数が多い分、そういったマンションの管理費が高いといったケースは少ないのですが、付き合いでスポット的に違うエリアの物件を購入しないとも限りません。...

面倒なタワーマンションにチャンスあり

  [embed]https://youtu.be/gNEunT83zMw[/embed] 勤め人時代、色んな地域を転々としましたが、中でも都心部のタワーマンションは嫌でした。 全く自分に関係無いTVが付かないと言われたらどうします? 「それ、電機屋さんでしょ!」って、言えないお客様が住んで居る場合があるんですよね(勿論、かなりレアケースですが笑)。 それはさておき、本題に入ります。 物件はデベロッパー系列の仲介会社に集まる事が多いですが、客付はそうでもありません。...

リフォーム反響がポータルサイトに移行して困っている営業マンとは

  [embed]https://youtu.be/j63rp7AKi2k[/embed] 結論から申しますと、文章力です。 紙媒体からの反響は電話問合せが大半なので、コミュニケーション能力というか会話力が勝っている営業マンが有利でした。 勿論、お客様に会うところまで行けば、それは重要です。 しかし、ポータルサイトや自社のWEBサイトからの問合せの場合、メールでの問合せが多いです。 従って、現調まで持って行けるか否かは、メールでのやり取りは鍵になります。...

定休日のリフォーム反響を取りこぼさない為には

  [embed]https://youtu.be/el3u4D6xzQo[/embed] 法人相手のB to Bや、オーナー相手の担当制の場合は、あまり関係ありません。 あくまでも、B to Cがメインです。 また、いくらB to Cでも、固定給だけでなく、インセンティブを採用している会社の方が該当します。 NET媒体にしろ、紙媒体にしろ、広告費を投下してる以上、反響は1つでも取りこぼしたくないと誰もが思います。 仮に、小さな組織なら、あなたが365日対応する事は可能かも知れません。...

他のリフォーム会社も営業ロープレされてますか?

  [embed]https://youtu.be/6WLY9mU20wE[/embed] 他のリフォーム会社も営業ロープレされてますか?また、どんな風にされてますか?といったご質問を頂きました。 確かに、勤め人時代に経験が無ければ何となくしか分からないと思います。 また、横の繋がりも少ない業界ですし、他社さんの社員教育には興味もあると思います。 勿論、どれだけのリフォーム会社さんが営業ロープレを実践されているかは分かりません。 ただ、少なくとも私のクライアントさんは、真剣に取組まれてます。...

解約率が高いリフォーム営業マンを仕組みで改善する方法

  [embed]https://youtu.be/twDl29DlgSg[/embed] 解約率の高い社員さんを改善する方法として、仕組みと指導で改善する対策があります。 今日は、前者の仕組みで改善する対策をお話したいと思います。 大半の社員さんは、そんなに解約は無いと思います。 しかし、一部には解約率が高い社員さんもおられるのではないでしょうか。 それらを仕組みで改善する対策の1つとして、不動産仲介業のように事務所で契約する方法です。...

月に売上500万円(粗利150万円)が達成できないリフォーム営業マンの共通点と改善方法

  [embed]https://youtu.be/nZFmqjMUP2g[/embed] B to B 主体の企業が、与信管理で得意先を20分散以上にするように、リフォーム会社の組織も同じ事が言えると思います。 売上1000万円(粗利300万円)/月の営業マン5人の組織よりも、売上500万円(粗利150万円)/月の営業マン10人の組織の方が、当然リスクは軽減されます。 しかし、後者の売上や粗利が達成できない社員さんが増えれば、リスク回避ではなく、リスクになってしまいます。...

不動産仲介会社とのJVまたはリフォーム反響営業どちらが難しい?

  [embed]https://youtu.be/dI3jApf44cE[/embed] 不動産仲介会社とのジョイントベンチャーで受注するのと、広告媒体等の反響営業で受注するのでは、どちらが難しいですか? といったご質問です。 ご質問に対しての回答であれば、不動産仲介会社とのジョイントベンチャーの方が難しいと思います。 なぜなら、投げて来るボールが都度違うからです。 つまり、室内リフォームに関する事ばかりではなく、外装や外構、解体土木といった幅広い中から質問や依頼が飛んで来るからです。...

リフォーム会社が動画を活用して集客する事は可能か否か

  [embed]https://youtu.be/LNJ1ny5gG7Y[/embed] 今後は動画が来る!と耳にしたので、動画マーケティングのセミナーに参加したのですが、具体的にどう活用すれば良いか思い付きません。 リフォーム会社が動画を活用して集客する事は可能でしょうか? といったご質問を頂きました。 活字が好きという方もおられますが、文字よりも写真や静止画、それよりも動画の方が伝えやすく、見る方も分かりやすいと、私は思います。 なので、こうやって私も動画を活用しておりますが、ただ、業界は違います。...

不動産仲介会社とのJVまたはリフォーム反響営業どちらが難しい?

  [embed]https://youtu.be/dI3jApf44cE[/embed] 不動産仲介会社とのジョイントベンチャーで受注するのと、広告媒体等の反響営業で受注するのでは、どちらが難しいですか? といったご質問です。 ご質問に対しての回答であれば、不動産仲介会社とのジョイントベンチャーの方が難しいと思います。 なぜなら、投げて来るボールが都度違うからです。 つまり、室内リフォームに関する事ばかりではなく、外装や外構、解体土木といった幅広い中から質問や依頼が飛んで来るからです。...

ポスティング禁止のマンションでリフォーム反響を紙媒体で取る方法

  [embed]https://youtu.be/E1ZhMmLmv38[/embed] ポスティング禁止のマンションって、他の会社はどうやって反響を取ってるの? やっぱり、折込みしかないかな? と、結構聞かれます。 なので、今日は、それについてお話したいと思います。 当然ですが、折込みも1つの手段です。 ただ、折込みの場合、そのマンションだけという訳には行きません。 やはり、ある程度エリアになってしまう為、その建物だけピンポイントで投函する事は難しいです。...

リフォーム業界でもLINE@は使えますか?

  [embed]https://youtu.be/O4bxzt3kYLk[/embed] リフォーム業界でもLINE@は使えますか?といったご質問を頂きました。 LINE自社が言うように、購買頻度の高い業界には適していると思います。 従って、飲食業界や美容業界などなど、リピート頻度が高い業界で利用されている理由も分かります。 ただ、リフォーム業界で使えるか否かという事ですが、使い方次第だと思います。 リフォーム業界でも、フルリノベーション等の大型案件を多く取り扱う会社は、難しいです。...

リピート工事を受注し易くする仕掛け

  [embed]https://youtu.be/hsrcRAUPkOE[/embed] 新築事業と並行してリフォーム事業を営んでいる企業は、10年点検やアフター時にリフォーム工事を受注する為に採用している会社もあります。 また、リフォーム事業だけの会社でも採用している企業もあります。 どんな仕掛けかと申しますと、会員制です。 例えば、新築分譲を購入頂いたり、注文建築を請負ったり、または、リフォームをご依頼して下さったお客様に会員になって頂くシステムです。 料金形態の多くは、だいたい千円未満です。数百円です。...

リフォーム反響って順番?難易度に応じて?

  [embed]https://youtu.be/vSNkqXG43AM[/embed] 「反響って順番かな?」それとも「難易度に応じて選任かな?」というご質問を頂きました。 エリア制や媒体別ならこういった質問にならないと思いますので、おそらく、同じエリアを複数人の社員さんが反響対応する組織体制なんだと思います。 私は、組織規模や体制によって分ける事がベストだと思います。 反響を順番にした場合、平等なので、案件数が偏って、社員さんがイジけたり腐ったりは少ないです。...