皆さんの本業では、工事前に近隣挨拶に行きますよね。

それって結構、仲介業にでも役に立つんです。

不動産仲介の売買契約書や重要事項説明には定められた情報は記載します。しかし、それは役所や法務局に行けば分かる内容です。

少しでも離れた所から引っ越して来られる買主さんは、そんな情報よりも、「近隣にこういった方が住んで居る!」や「過去に近くで事件とか無かったのかな?」といった事の方が気になるものです。

物元業者なら売主さんにヒアリングしますが、それだけでは知り得ない情報も多々あります。

皆様は客付から入る方が多いと思いますので、買主さんの立場になれば、情報を提供してあげたいと思いませんか?

勿論、物元客付に関わらず、近隣住人にまで聞き込みをされる不動産会社は少ないです(一部やっている会社もありますが)。

そこで、工事の近隣挨拶で培った経験が生きてきます。仲介時もリノベーションの工事挨拶と同じような感じで聞き込みしてあげれば良いのです。インターホン先で十分です。

早く次に行きたい時に限って、インターホン先で良いのに、出て来られる話し好きのオバチャンは居るものです。

嫌な話を聞いてしまう事もあると思いますが、後のリノベーション工事の挨拶時に知ってしまった方が手遅れではないでしょうか。

隣や上下に厄介な人が住んでた場合は工事にも影響します。

お客様や皆様の為にもなる事なので、仲介業を取り入れる際は、是非とも聞き取りをされることをお勧めします。

リフォーム会社の為のコンサルティング会社として、何かのお役に立てれば幸いです。

2015-2logo

お問い合わせ