中古不動産を買ってリフォームやリノベーションをされるお客様を集客して受注する際、不動産仲介業を取り入れる以上、宅建業者でなければなりません。

従って、宅建業の登録をされる、または、既にされている事を前提にお話したいと思います。

先ず、仲介といっても、売り物件にお客様を付けるので、客付仲介(購入客を探す方に注力)です。

従って、売り物件が業者売主ではなく、別の仲介会社が専属や専任、または一般契約を巻いている物件にお客様を付けるので、仲介手数料は片手です。

これが、不動産仲介業が専門の会社なら何としてでも両手の手数料が欲しい所ですが、あなたの場合はそれが本業ではない為、片手の手数料でも問題ありません。

その手数料で、あなたの会社の仲介担当者の人件費や広告費さえ賄えれば大丈夫です。

そして、物件はマンション(区分所有)に絞ります。

戸建を扱うには、それなりのスキルや経験値も必要な為、プロの不動産仲介会社には勝てません。

従って、先ずはマンション(区分所有)限定です。

次に、物件の価格帯ですが、どの不動産仲介会社も安い物件は嫌うものです。

一部の低価格物件は別としても、大半は仲介手数料の上限は3%+6万円×消費税です。

つまり、仲介手数料といった名目ではそれ以上は貰えない為、当然、低価格帯の物件は避けます。

特に、掲載物件数で費用が発生するようなポータルサイトには掲載したくありません。

その点、あなたは仲介手数料を受領する事が本来の目的ではない為、比較的、不動産仲介会社が避けたがるような低価格物件の掲載も可能です(勿論、広告費の費用対効果は必要ですが。)。

あと、物件価格が安い地域は所得が低い為、リフォーム金額も小さいという見方があります。

それはそれで、合っている場合もあります。

しかし、一方では、物件価格が安い分、建築費にお金をかけるという見方もあります。

中古不動産を買ってリフォームやリノベーションをしたい客層は、後者の方ではないでしょうか。

因みに、私は後者の方です。

勿論、立地や利便性といった事は重要ですが、それは人によっても基準は違うでしょうし、物件価格を抑えて家の中のグレードを上げたいタイプです。

新築や築浅で室内の仕様がショボイマンションとかあると、建具とかフロアーの建材ショボッみたいに思う事はあります(笑)

それも、価値観は人それぞれ違うので、どちらが正解と言う事ではありません。

しかし、中古マンションを買ってリノベーションしたいとお考えのお客様は、一部の富裕層を除いて、比較的、建築費を優先される方が多いのではないでしょうか。

中古仲介リノベーションコンサルタントとして、何かの参考になれば幸いです。

2015-2logo

お問い合わせ