当然、文章の書き方は重要です。

あまり改行もせず、文字がワーッとあったら、オウェーッってなる方もおられます。

従って、相手が見る画面の事も考えて、読みやすいように改行やスペースを用いる事は大切です。

ただ、文字だけで相手の不安をかき消すには、かなり難易度が高いです。

よって、文章の内容や書き方だけに意識を向けるのではなく、いかに相手の不安をかき消すかに注力するべきです。

例えば、あなたや私が施主さんだとしたら、現調で頼りない変な担当者が来たら、「コラァーッ、担当者変われ!」と言うかもしれません(笑)

しかし、そういった施主さんばかりではありません。

やはり、いくら現調とはいえ、知らない人を家に上げるのを不安に思う方は多数おられます。

そんな施主さんが居る中で、いくらポータルサイトを経由しているとはいえ、文章だけで不安が消えますか?

消えないです。

やはり、どんな会社で、返信をくれた担当者が、どんな人なのか知りたいと思うものです。

挨拶文で社名を書いた所で、わざわざネットに画面を切り替えて検索しますか?

中には居るでしょうが、面倒な作業です。

だったら、URLを貼っておいた方が親切です。

また、ホームページのURLを貼ったからといって、ホームページ内を全て見て頂けるとは限りません。

例えば、来店して頂けるような設備が整っているなら、その画像を添付するとか、映像を添付するとか、HP内に入っていかなくても確認できる方が親切です。

また、担当者の画像を添付する以外にも、動画でのコメントがあれば、より安心できます。

勿論、これらはポータルサイトごとに、出来る出来ないといった差はあります。

しかし、要は、どれだけ相手の不安を消せるかという事です。

他には、答えや方法は1つではない為、ドライテストを繰り返す事は重要です。

地域やポータルサイトごとに客層や特徴も違う為、どの内容の反応率が良かったのか、検証は必要です。

もし、文章だけの対応で反応率が悪いのであれば、是非、試されてみては如何でしょうか。

リフォーム会社の為のコンサルティング会社として、何かの参考になれば幸いです。

2015-2logo

お問い合わせ