リフォーム会社さんの為の買取再販リノベーション戦略は、リフォーム会社さん自らが中古物件(マンションの区分所有が望ましい。)を購入します。

そして、リノベーションを施し、購入した物件を再販して差益を得ます。

ここまでは一般的な買取再販と同じですが、違いは、リノベーションを施した物件を公開し、近隣住人を集客してリノベーションやリフォームを受注する戦略です。

しかし、リフォーム会社さんによっては、物件を購入する資金が無かったり、宅建免許を所持している方が不在だったりする場合があります。

それでも、リノベーションやリフォーム客を集客する為の戦略として、買取再販業者さんとのジョイントベンチャーがあります。

大半はマンションが多い主要都市になりますが、買取再販をやっている企業は多数存在します。

自社で設計から現場監督を抱えている企業から、設計施工は全て外注といった企業まで様々です。

実際、仕入れや販売などの不動産担当は居ても、リノベーションやリフォームに詳しい人材が不在な為、近隣から請負いの依頼があっても断らざるをえない企業もあります。

そういった場合は、施工してくれた業者さんを紹介する事もありますが、そもそも再販物件の工事原価を抑える為に、営業マンが居るような元請リフォーム会社に発注しているケースは少ないです。

一部の大手企業であれば、親会社からの圧力が掛かり、やむを得ずグループ会社に依頼する事はありますが、一般的には少しでも原価を圧縮する為に、自社職や常用の職人さんが居るような工務店に依頼されます。

そういった場合、工務店の社長さんですらエンドユーザーとの打合せが苦手な方も多数おられます。

勿論、打合せが上手な社長さんも多数おられますが、「エンドユーザーの対応は面倒」といって嫌う社長さんもおられます(笑)

特に、マンションのグレードや立地によって手間の掛かる客層なら尚更です。

このような場合、やはり、打合せが出来る社員さんの居るリフォーム会社さんが最適ですが、出来る事なら実際に再販物件の施工を手掛けた上で紹介されるに越したことはありません。

とはいえ、先ほども話に出たように、再販物件の施工原価を圧縮する為に、元請リフォーム会社さんに買取再販業者さんが依頼される事は少ないです。

では、どうやって再販物件の工事を依頼してもらうの?という事ですが、工務店と同様の価格帯にする事です。

つまり、そこでの粗利や利益は見込まないという事です。

そうすれば、可能です。

でも、紹介が無ければ収益はゼロ?と思われるかもしれません。

そこで、そうならない為に、完成物件でリノベーションの現場見学会の承諾を持ち掛けるのです。

勿論、売主業者さんもタダではメリットが無いので嫌がります。

従って、そこは、受注できた金額から手数料を支払う等、事前に手数料や使用料の取決めをしておく必要はあります。

このように、自社で物件を購入してリノベーションやリフォーム集客が出来ない場合は、買取再販業者さんとのジョイントベンチャーといった戦略もあります。

リフォーム会社の為の営業戦略コンサルティング会社として、何かの参考になれば幸いです。

2015-2logo

お問い合わせ