リフォーム会社さんやリノベーション事業のコーチ・コンサルをしていると、営業コーチや戦略コンサルに加えて、WEB関連の相談を受ける事も多々あります。

中でも今日は、集客ブログを外注化するポイントについてお話させて頂こうと思います。

多くのリフォーム会社の経営者さんは、なるべく今いる人員で集客に結びつけたいと考えます。

従って、社員さんに交代でブログを更新させているリフォーム会社さんも少なくありません。

これが、イベント情報の更新やスタッフブログなら問題ありませんが、集客ブログとなれば話は別です。

見込み客が検索するであろうキーワードを考え、それをタイトルに盛り込み、それに沿った文章を書き、更にそのキーワードを文章内に散りばめながら自然な文章にする。

これを、あなた(経営者さん)なら出来るかもしれませんが、あなたは他に注力する事が山ほどある為、お勧めはしません。

しかし、あなたと同じように出来る社員さんが何人いますか? まぁ、極めて少ないと思います。

従って、この内容はライターさんに外注する一つのポイントです。

次に、画像の動画化ですが、やはり、ユーザーにとっても、施工(前・中・後)の一連の作業は、画像よりも動画の方が見やすいです。

これも、エフェクトや字幕等を考えず、クオリティーの高い物を作らないなら、社員さんでも出来る内容ではありますが、他の業務に注力した方が良い為、お勧めしません。

従って、これも動画業者に外注するポイントの一つです。

このように、外注するポイントは分かったけど、お金は? という話になると思います。

お金は各社様々なので一概には言えませんが、1記事3千円で書いてくれるライターさんも居ますし、3枚程度の画像編集で1動画2万円で制作してくれる企業もあります。

仮に、1週間で1ブログ(文章+動画)で月4つとした場合、上記の金額なら9万2千円、税込みでも約10万円です。

あなたの社員さんも、これらの作業を指示されるか、それとも10人の営業マンに、一人1万円ずつ月額の粗利アップの指示だったら、確実に後者を選択でしょう(笑)

リフォーム会社のコーチ・コンサル会社として、何かの参考になれば幸いです。

2015-2logo

お問い合わせ