買取再販リノベーションの住宅資材商社の選び方

[embed]https://youtu.be/uP7w6Mh0vv8[/embed] 本日の内容は、レジ物件や戸建の話ではなく、あくまでも、マンションの区分に限った買取再販リノベーションになります。 さて、私はいつも、あなたが不動産系出身の買取業者でも、区分のリノベーション工事の全てを施工業者に丸投げするのではなく、 せめて、水廻りや熱源機だけは自社で取りましょう、と言ってます。 なぜなら、大した労力を掛ける事なく、原価を圧縮する事が出来るからです。...

リノベーション再販会社は工務店の見積書が分からなくても大丈夫!?

[embed]https://youtu.be/9iaCwpZf-co[/embed] こういったご質問を頂きました。 「区分のリノベーション再販事業を始めたのですが、不動産仲介の経験しかなく、工務店から出て来る見積書の内訳が分かりません。把握するコツはありますか?(一部、割愛)」 どういった書式なのか見ていないので分かりませんが、大体の予想は付きます。 おそらく、トップページの項目は、こんな感じではないでしょうか。 ・仮設工事・解体工事・水道工事・電気工事・ガス工事・木工事・衛生機器工事・内装工事などなど。...

リフォーム事業で管理職を中途採用する時の注意点とは

  [embed]https://youtu.be/mQS52f93Aiw[/embed] 当然ですが、管理職の経験年数は書類を見れば分かります。 また、何人位の組織を管理していたのか、といった事も同様です。 しかし、重要な事は、あなたがやろうとする媒体や体制の経験があるか否かです。 例えば、あなたの媒体が主に反響で、尚且つ、パック商品で集客し、施工体制も営工分離体制(営業と現場管理を分ける体制)なら、その実務経験や管理職経験が有れば大丈夫でしょう。 後は、実際に何度かお会いし、見極めれば良いと思います。...

リフォームの追加工事で協力業者と後の金銭トラブルを無くす方法

  [embed]https://youtu.be/adb2iwyT-vM[/embed] このchの過去の動画で、リフォーム事業での協力業者とのトラブルの多くは、金銭トラブルとお話しました。 本日は、その内容の続き、追加工事のやり取りから生じるトラブルについて、お話させて頂きたいと思います。 できる営業マンや現場担当者は、経験も豊富なので、ある程度は隠蔽部の状況が予測できます。 また、予測できなくても、解体後どちらに転んでも収められるような段取りにしていたり、資材を選択しています。...

リフォーム事業でパートナー業者とのトラブルを減らす方法

  [embed]https://youtu.be/IoYzCj79KRw[/embed] リフォーム事業で、パートナー業者や下請とのトラブルの内容は様々です。 ただ、中でも多いのは金銭トラブルです。 これは、リフォーム事業に限った事では無いかもしれませんが、お金のトラブルは多いです。 大抵トラブルになるケースは、こんな感じです。 元請が発注金額を曖昧にした状態で口頭で依頼する場合です。 しかも、作業内容も口頭や簡単なメモ書きだけ、といったパターンです。 そりゃ、モメますよね?(笑)...

OKラインの低いリフォーム営業マンでもクレームを軽減させる方法

  [embed]https://youtu.be/A1XNB5Zb-kc[/embed] OKラインは人それぞれ違います。 しかし、対お客様となれば、OKラインが低いと仕上がりクレームになります。 従って、社員さんに改善してもらう指導は必要ですが、それには時間が掛かります。 また、どれだけ指導をしてもダメな人も居ます。 ただ、それでは仕上がりクレームは改善されない為、仕組みが必要です。 今日は、その仕組みについて、お話したいと思います。 お客様はお金を支払う側なので、OKラインが高くなるのは当然です。...

リフォーム事業 業務支援コンサル

リフォーム事業業務支援コンサルでは、営業マンの業務を改善するためのサポートを行います。

リフォーム事業経営では、少なくとも従業員1人あたり月100万円、年間で1200万円以上の粗利額が必要です。しかし、実際にはこれだけの粗利が確保できない営業マンもいます。また、案件の受注を達成しても、クレームにより粗利を落としてしまう営業マンもいます。

リフォーム事業で安定した利益を確保するためには、こうした営業マンの業務を支援することが重要になってくるのです。リフォーム事業業務支援コンサルは、サポートする会社ごとに内容の違うフルオーダーメイド形式になります。

たとえば、見積書の書式を改善するだけでも、受注を増やす事が可能になります。見積書で大切なことは、業者目線ではなく、お客様目線で作成されている事です。作業順に従って工種別に記載されている見積書は、業者にとっては作成しやすいかもしれませんが、お客様にとっては決して見やすいものではありません。お客様目線の見積書とは、部屋別・部位別になっており、工種別に記載されている形になります。

また、見積書の枚数をできるだけ減らすことにも注意を払わなければなりません。見積書には、些細なことでもお客様が依頼した内容をすべて反映させる工夫も必要です。さらに、こうしたお客様目線の見積書を効率よく作成できる体制にしておくことも大切でしょう。リフォーム事業業務支援コンサルを受けることにより、お客様から選ばれる見積書のフォーマットを用意する事ができます。

見積書以外でも、社内で使う書式を工夫したり改善したりする事で、全ての営業マンが目標の粗利を達成する事ができます。営業マンにとって、お客様の予算を把握していなかったり、お客様と連絡がとれなかったりする事は致命的と言えます。受付表に予算のチェック欄を作ったり、お客様に連絡できる時間帯を記入する欄を作ったりすることで、顧客対応が向上し、クレームを減らせます。

その他に、リフォーム事業業務支援コンサルでは、一括原価管理が可能な台帳を作るサポートや、現場からのクレームを減らす発注指示書を作るサポート、お客様に選ばれなかった理由を解明するためのアンケートハガキを作るサポートなど、書式面での支援を行います。

このようにして、クレームを軽減させる仕組み、受注率をアップさせる仕組みを作るのが、リフォーム事業業務支援コンサルになります。