不動産売買の仲介手数料売上から割り出すリフォーム事業の売上目安

  [embed]https://youtu.be/fbJxbaC7z6M[/embed] 不動産仲介会社のリフォーム事業戦略として、売買の手数料売上に対して、どれくらいリフォームの売上が見込めますか?と聞かれる事があります。 簡単に申しますと、どれくらいの仲介手数料売上があれば、いくら位リフォームって取れるの?って事です。 勿論、仲介手数料の内訳が新築の客付がメインの場合、オプション工事や外構工事が発生する事はあっても、リフォームはほとんど発生しない為、該当しません。...

不動産仲介会社のリフォーム事業戦略

  [embed]https://youtu.be/9inztJg0B9I[/embed] 当然ですが、ターゲットは中古不動産を購入されるお客様です。 中でも、住宅ローンを組まれるお客様です。 更に、買い替え特約を設定した玉突き案件は有利です。 勿論、二重ローンや賃料を避けたいお客様も同様です。 先ず、お客様が住宅ローンを活用され、あなたの会社が代行業務を行う場合、普通にお客様の自己資金から勤め先に至るまで、様々な情報が手に入ります。...

中古仲介&リフォームのピンチをチャンスに

  [embed]https://youtu.be/8UnlLQwdZx0[/embed] 中古仲介&リフォームは、中古不動産を購入してリフォームされるお客様に対し、物件探しからリフォームまで一貫したサービスを提供するビジネスです。 新たに購入した物件の引渡しから引越しまでの間に改装を施す為、大半が空き家工事です。 在宅工事と比べ、空き家工事の方が工事自体は楽かもしれません。 しかし、中古仲介リフォームの空き家工事は、在宅工事以上の落とし穴があるんです。...

スムーズに終えるリフォーム工事の引渡術とは

  [embed]https://youtu.be/ph7M3PekTTU[/embed] 住みながらのリフォーム工事の場合、お客様は常に現場を見られているので、比較的、引渡には苦労しません。 また、職人さんの頑張りも目の前で見ていたので、多少の温情もあります(温情だけに頼る事は良く無いですが。)。 ところが、空き家工事の場合、そうはいきません。仕上がり重視です。 遠方から引越されるお客様は、工事後に初めて仕上がりを見る事になります。...

第三者有利の法則で(リフォーム)をサポート

  [embed]https://youtu.be/gENIx-c0GJc[/embed] 以前、別の動画で、お客様(一人者)、仲介(二人者)、リフォーム(三人者)の時に、第三者(リフォーム)が二人者(仲介)をサポートするといった話をしましたが、今回は、その逆です。 つまり、リフォームが二人者で、仲介が三人者の場合です。 中古物件を検討されていた頃のお客様は、その時に第三者だったリフォームの話は、すんなり聞き入れてくれました。 しかし、物件を購入され、今度はリフォームとなれば話は違います。...

第三者有利の法則で(仲介)をサポート

  [embed]https://youtu.be/sdXYh0y2Gn4[/embed] 中古仲介リフォームの場合、当然ですが、仲介成立が先です。 仲介が成立しない限り、リフォームの受注は極めて低いです。 ただ、仲介が成立すれば、リフォームの受注率は高いです。 従って、リフォームは、仲介をアシストする為に全力でサポートするのも業務の一環という事なのです。 その精神は必ずご指導下さい。 しかし、重要な事は、お客様が一人者、仲介が二人者の場合、リフォームが仲介側に付いて、同じように二人者になってはならないという事です。...

中古仲介リフォーム戦略

不動産を購入するとき、新築ではなく中古物件を購入してリフォームしたいというお客様もたくさんいらっしゃいます。

中古仲介リフォーム戦略は、中古物件の購入とリフォームを考えているお客様に対し、1社で物件を探すところからリフォームまで一貫したサービスを提供するビジネスモデルです。既に不動産仲介業を営んでいる会社にとっては、仲介による収益以外に新たにリフォームでの収益が期待できることになります。

中古仲介リフォーム戦略では、決済前に勝負できることが最大の強みです。売買契約後から決済(引き渡し)までの間は競合他社が少ないですから、この間にリフォームについて話を進めれば、決済後すぐに着工できます。物件ローンにリフォーム費用を組み込んだり、買い換え特約の付いている物件に対応できたりするのも、この戦略のメリットになります。

なお、中古仲介リフォーム戦略では、物件を売ってリフォームしたらそれで終わりではなく、その後もリピート受注が期待できるというメリットもあります。購入時には予算の都合で最小限のリフォームに抑えていたお客様も、何年か後には追加のリフォームを考えることが多くなっています。この場合、前に頼んだ業者にもう一度依頼しようと考える人は多いですから、受注に至る可能性も高くなります。既に顧客リストに情報もありますから、リフォームが必要であろうお客様を狙ってこちらから営業をかけることも可能です。

ところで、新たに購入した物件のリフォームを行う場合には、お客様の引越し前に工事を行います。空き家工事ですから、在宅工事に比べて工事自体は楽です。しかし、この場合のリフォーム工事では、オーナーと近隣住民との関係性ができていない段階での工事になりますから、工事で多少なりとも不手際があったときに、近隣住民からの苦情の声が必要以上に大きくなってしまうという点に注意が必要です。

リフォーム工事を行った業者と近隣住民との間でトラブルがあった場合、オーナーは新しく買った物件に引っ越したくても引っ越せない状況になってしまう事も無いとは限りません。不動産会社が行う中古仲介リフォームなら、このような最悪の場合に、お客様に物件を買い取ることも提案できます。

通常、お客様はそのような事態が起こることを想定して業者選びをしません。ですから、業者側がこうした事態が起こり得ることを想定して話をすることで、お客様の信頼を得ることができます。