知り合いが居ると言われた時~

  [embed]https://youtu.be/SWwkCFK8W1I[/embed] 普段、テクニック的な話はあまりしません。 それについては、いくつか理由があるのですが、今度、別の機会にでもお話したいと思います。 ただ、今日の内容は、皆様が「中古仲介リフォーム」事業のトリプル(売り・買い・リフォーム)を成立させる上で役立つ内容だと思いましたので、お話させて頂きます。 先ず、仲介の方ですが、皆様が物元だった場合を想定してみます。...

中古仲介リフォームとリノベの使い方

  [embed]https://youtu.be/C9gMVajX7lE[/embed] 中古仲介リフォームには、二通りのパターンがあります。 先ずは、一つ目です。 最初からリフォーム目的ではないお客様が、中古不動産を購入した際にリフォームする場合の平均単価です。 売上で約100万円/1件(粗利30万円)。 これは、リピートの数字も含みます。 なので、一度目の中古仲介リフォームの単価だけなら、もう少し高くなります。 それと、郊外の方が屋敷が大きい分、1件当たりの単価が高いように思われがちですが、そうでもありません。...

えっ、予算が聞けないの?

  [embed]https://youtu.be/4rxrZdsEOjU[/embed] 皆様(不動産仲介会社)にとっては、資金計画書を作成する上で、当たり前のようにお客様にヒアリングされます。 勿論、全ての予算を正直に言わないお客様もおられますが、概ね把握できます。 実は、それって、かなりのメリットなんです。 意外だと思われますが、売買の絡まない一般的なリフォームの場合、概ねの予算すら言わないお客様が多数おられます。...

物件に組込むリフォームローンでトリプル決定

  [embed]https://youtu.be/EsnSLTonVYI[/embed] 皆さん(不動産仲介会社)はよくご存じだと思いますが、物件のローンにリフォーム費用を組込む場合です。 この場合、一部の例外を除いて、確実にリフォームは受注できます。 一部の例外とは、最初からお客様に、おかかいのリフォーム会社が居る場合です。 この場合はリフォームを諦めて、仲介だけにして下さい。追うだけ無駄です。 ただ、それを除いた場合は、「トリプル」完成です。...

中古仲介リフォームの受注率を90%にするポイント

  [embed]https://youtu.be/J2bd6JF9POw[/embed] そもそも、中古仲介リフォーム自体、仕組みだけで受注率は50%を超えます。 この数字は、一般的な請負いのリフォーム会社と比べると、かなり高いパーセンテージです。 それでは、中古仲介リフォームは、なぜ50%を超える事ができるのかと言えば、それはいつも言っているように、物件探しからお客様とお付き合いする為、接触頻度が多いからです。 しかし、これで満足してはなりません。...

リピート工事を受注しやすく完工しておく事が重要

  [embed]https://youtu.be/QSiKK_gPFnI[/embed] いつも申し上げているように、中古仲介リフォームは、中古不動産を買ってリフォームしたいお客様に、最適な物件をご紹介させていただく事が第一のポイント。 次に、その物件をリフォームさせて頂く事が第二のポイント。 そして、一度リフォームさせて頂いたお客様のお家を守り続ける事が第三のポイントです。 「売りっぱなし」「やりっぱなし」ではない会社になるという事が重要と、お伝えしております。...

中古仲介リフォーム戦略

不動産を購入するとき、新築ではなく中古物件を購入してリフォームしたいというお客様もたくさんいらっしゃいます。

中古仲介リフォーム戦略は、中古物件の購入とリフォームを考えているお客様に対し、1社で物件を探すところからリフォームまで一貫したサービスを提供するビジネスモデルです。既に不動産仲介業を営んでいる会社にとっては、仲介による収益以外に新たにリフォームでの収益が期待できることになります。

中古仲介リフォーム戦略では、決済前に勝負できることが最大の強みです。売買契約後から決済(引き渡し)までの間は競合他社が少ないですから、この間にリフォームについて話を進めれば、決済後すぐに着工できます。物件ローンにリフォーム費用を組み込んだり、買い換え特約の付いている物件に対応できたりするのも、この戦略のメリットになります。

なお、中古仲介リフォーム戦略では、物件を売ってリフォームしたらそれで終わりではなく、その後もリピート受注が期待できるというメリットもあります。購入時には予算の都合で最小限のリフォームに抑えていたお客様も、何年か後には追加のリフォームを考えることが多くなっています。この場合、前に頼んだ業者にもう一度依頼しようと考える人は多いですから、受注に至る可能性も高くなります。既に顧客リストに情報もありますから、リフォームが必要であろうお客様を狙ってこちらから営業をかけることも可能です。

ところで、新たに購入した物件のリフォームを行う場合には、お客様の引越し前に工事を行います。空き家工事ですから、在宅工事に比べて工事自体は楽です。しかし、この場合のリフォーム工事では、オーナーと近隣住民との関係性ができていない段階での工事になりますから、工事で多少なりとも不手際があったときに、近隣住民からの苦情の声が必要以上に大きくなってしまうという点に注意が必要です。

リフォーム工事を行った業者と近隣住民との間でトラブルがあった場合、オーナーは新しく買った物件に引っ越したくても引っ越せない状況になってしまう事も無いとは限りません。不動産会社が行う中古仲介リフォームなら、このような最悪の場合に、お客様に物件を買い取ることも提案できます。

通常、お客様はそのような事態が起こることを想定して業者選びをしません。ですから、業者側がこうした事態が起こり得ることを想定して話をすることで、お客様の信頼を得ることができます。