リフォーム育成指導ノウハウ

リフォーム組織の売上を伸ばすには、営業マンの育成は欠かせません。ですが、その際に重要なのは“全ての営業マンを指導する必要は無い”という事です。なぜなら、働く価値観や仕事に対する価値観が各々異なるからです。
 
例えば、これがプロスポーツチームであれば話は別です。一部の例外はあるにせよ、大半の選手は優勝や勝利など同じ目標に向かって進みます。なので、多少の個人差はあっても、概ねチーム全員を指導する事に意味はあります。
 
ところが、リフォームの組織は違います。それぞれが仕事に対する価値観が異なるので、全員を指導したところで思うような結果にはなりません。その証拠に、全員に研修やセミナーなどを受けさせても結果に差が出るのは、それが理由です。
 
それより、スキルアップや成長を望まない、つまり現状に満足している営業マンには個々の働くスタイルを尊重してあげた方が良いのです。むしろ、その方が長く働けて本人も会社もWINWINです。
 
但し、それには必ず条件を満たしている事が前提です。それは、黒字営業マンか否かという事です。つまり、個人の獲得粗利から人件費・広告費・固定費を引いて、粗利の20%以上の利益を会社にもたらしている営業マンか否かという事です。当然トントンもアウトですし、赤字営業マンなど論外です。
 
要は、その条件を満たしている営業マンに関しては、ワークライフバランスなど権利を主張させてあげて、それ以外の営業マンは問答無用で徹底的に育成指導です。当然ですが、赤字社員が増えると遅かれ早かれ会社が潰れるからです。
 
すると、「具体的に何を指導すれば良いのか?」とか、「どのような順序で教えて行けば良いのか?」など、様々な疑問が生じると思います。
 
弊社の“リフォームアカデミー(WEBアカデミー)”では、そういった疑問などにも詳しく解説しておりますので、興味のある方は受講されてみては如何でしょうか。無料受講は下記ボタンからLINEで登録するだけです。
 

 
 
 


Copyright GRiMZ. All Rights Rserved.